局でひとり筆をとりて

普段は灰も被れないオタクよりの高校生が、硝子の靴ではなくキーボードと美しい文化を以て時には古典の世界を賞賛し、時には世間をぶった斬ります

清らかに徒然に ~未成年がハラスメントについて思うこと~

 

…我ながら今日のタイトル真面目ですね(笑)

 

最近お偉いさん達泥遊びしてるので、働いたこともない私が色々言いたいこと言おうと思います。

私なりに報道を聞きながし(←おい)しながら考えましたよ、うん。

 

 

ハラスメントって概念的というか、頭の片隅にちょこんといるような…そんな言葉だと思うんです。説明しますね。

 

本来ハラスメントとは、「本人の意図と関係なく相手を不快にさせたり、尊厳を傷つけたり、不利益や脅威を与えたりすること」を指すそうです。

…ところで、皆さんにお聞きしたいんですが。

 

不利益の基準って何です?????

人によって違うでしょ、これ。

 

例えば私。

前の記事でも言いましたが被虐体質です。所謂Мとかマゾ呼ばれるやつです。

感度が高く、触られると色んな感情が押し寄せて変な声が出るんです。なので友人は性別関係なしにくすぐってきます。

でも私はブチ切れずに割と寛容にしているつもりです。友人が厭らしい気持ちでなく、私と触れ合ってくれていることはわかっているからです。

しかしながら、マゾだから嬉しいでしょ?と大して親しくしてない男に触れられたら遠慮なく変態として友人内に情報公開させて頂きます。

マジで。それとこれとは違うでしょう(笑)?

 

パワハラだろうがセクハラだろうが人によって基準は違う。当たり前ですよね、人間だもの後でここがおきまり(?)のフレーズになっていることに気付いた

 

だったら…平和に行くしかなくない?

 

自分にとっての普通で接して、不快なことは相手にきちんと伝える。

「あ、これ嫌なんだごめんね。次から気を付けるからね」

「うん。ありがとう!」

 

これでいいじゃねえか!!!!!

セクハラしたいなら尼寺へ行け!!!!!

(※尼寺とは昔の隠語でえっちなお宿のことです)

 

ハラスメントは人によって違うんです。だったら言い争たって仕方ありません。だって、互いに自分のハラスメントを正当化することしか考えてないんだから。

 

TOKIOの兄貴は送検理由では駄目な大人だったけど、被害者の方ときちんと和解しています。お互いの基準に折り合いをつけたのです。

やってることはマシかもしれんが次官の方がその意味では汚い大人です。相手の基準を見ようともせず、自分の正当化しかしていないなんて。それはセクハラ以前にひとりの人間として身勝手だと思います。

 

ハラスメントは互いを護り、折り合いをつけるための言葉です。

これ以上、互いを傷つける武器として使わないでください。

清らかに徒然に ~足掻かなくても相容れることもある~

そろそろ葉桜が綺麗になってきましたね。では前回に引き続き。

私の記事をご贔屓にして下さっている方なら、まあ私が変人であることはご存知だと思います。
そして、類は友を何とやらで私の周りにも変人が沢山います。というか私なんか足元にも及ばない筋金入りの変人ばっかです←?

が、その中に時々、「ん?」という人が混じっていたりします。私がそう思う人のパターンはふたつあります。

1.趣味嗜好に一般人の八割方が引きそうなものがある
2.何となく「社会に溶け込めない」オーラがある

今回主に言いたいのは2の人たちです。

私の関わってきた数人しかないので世間的にはどうなのかわかりませんが…彼らは「人付き合い以前に問題がある」のです。自分の過失を過失と認識出来なかったり(誤魔化しではなく、本当にわかっていない。過失はわかってるけど謝り方がわからないパターンもアリ)、常識的な部分が欠けていたり。そして高確率で1も持っています(しかも強烈なやつ)。

私は彼らに声をかけ、話を聞きました(まあ拒絶されないことを感じ取って向こうから来る人もいたけど…)。そしてわかったことがあります。みんな本質的にはすごく純粋で素直なんです。味方すると甘えてくれた後輩も、誕生日にクレーンゲームで好きなアニメのフィギュアを落としてくれた切断趣向の幼馴染も私は好きです。

今まで色んな人と関わって、傷つけ合ったり衝突したりしました。もう関わるなと周りに言われたこともあります。でも一番辛かったのは、人格も趣味嗜好も大して知らない関係なのに容姿や雰囲気で軽蔑したりいじめたりする輩でした。通常の思考回路してるくせに寧ろ異常だろおい。
私は未だに人とどう付き合っていけばいいのかわからないことばかりです(あたりめえだよ未成人)。
ただ言いたいのは、「どんな人が自分と合うのか」「どんな人が普通か普通じゃないか」なんて机上の話ばかりで、結局は個人の感覚に過ぎないのだということです。

だから私は、異常じゃない人が一番おかしいと思うのです。


もちろん私もマゾでカフェイン中毒で自分のバイオリンに名前をつけてる変な奴です。
この世に普通なんてないのだ、諦めよう←ここまで来ると大体のことが受け入れられようになるよ!ならない方がいいよ!

清らかに徒然に ~どう足掻いても相容れない~

愚弟の話をひとつ。
…いや、別に贔屓(はしてるけど←)ではないです。彼から学んだり知ることが多いからよく口をついて出るだけです←???

彼はパラフィリアがあるそうです。
はい今「なんじゃいそれ」てなった人いますよね。実は私も上手く説明できません、難しいしややこしくて。

まあ簡単に言えば、「異常性癖」「性的倒錯」…といったところかな。「〇〇フィリア」と書いて「〇〇性愛」という意味になるみたいです。
ただその範囲は凄まじく、種類も覚えきれないほどあります。

「なんかやばそうだな」「キチガイばっかなのでは」と思われるかもしれません。ですが一概には言えません。
もし快楽殺人の犯人が「切断性愛」や「血液性愛」ならやべえかもしれませんが(実際にそういうパラフィリアがある)、例えば私が聞いてすげえ…と思ったものでは「災害性愛」などがあります(名前は忘れたけど「死んだフリが好き(冷たい亡骸は嫌い)」とかいう人もいるみたいです。ここまで言えば種類が膨大であることはわかると思います)。
…何度も言いますが、社会的に問題がある人ばかりではありません。愚弟の場合は「不謹慎だから」と具体的な性癖を話してくれませんが、「バレたら恥ずかしいから」「軽視されそうだから」ではなく周りを気遣って黙っているのです。こんな奴(こんな奴言うなや)が悪い人間なわけないと思います。
パラフィリアのある人の多くはネットで自分の性を満たす動画や画像を探して楽しんだり、コミュニティを作って支えあっているみたいです。


……と、前置きが長くなりました、超長くなりました(スライディング土下座)。


私が今回言いたかったのは、相容れるか否かと偏見に趣味嗜好は関係ないという話です。

…前置きのはずなのに長くなりすぎたので続きは次回!←殴

清らかに徒然に ~ちょっと待てやおらどういう意味じゃ(小説付き)~

…わからん。
文芸部の連中は言う、『姉貴(俺)の文体は色気がある』と。

なぜ私が姉貴と呼ばれるのかはまあ以前の記事を読んでもらうとして←

文の色気って何じゃいという話。


そりゃ私は人の感情を書くのが好きですから、昔から恋愛だのあれこれ書きました(今も)、CP作成すると確実に1回はR18の場面が発生します。恋愛脳だのエロ脳だの言われるのは慣れた(慣れるな)。
しかし、文体に色気があるというのはどうも腑に落ちないし度し難い。

色気と言うからには、きっと艶やかで美しいもののことだろう。生々しいのとは違う、私はそういうのは嫌いだ。

耽美派自然主義は違うと言えばわかるだろうが(わかんねえよ)、ただ言いたいのは、私が目指すのは登場人物の強い感情のぶつかり合いであること。有川先生の恋愛小説が情熱的で、はっちゃけてるとこはっちゃけてるのに色んな層に読まれるのはそういうことだと思う。

それと、風流は大事にしている(つもり)。
目の前の色、温度、香り…全てを出来るだけ柔らかい言葉で(こっちは)生々しく書いている(つもり)←先程からつもりが多い。自信がないのだこいつは
そこは場面の展開や心情の変化を表現する重要なものだと思う。

そう、私のモットーは「人間の醜さと美しさを曝け出せ」「風流はどこまでも探求すべし」このふたつのみである!
どうやったら色気が出るんでしょうか?これでも私、彼氏いない歴=年齢の浪人生(予定)なんですけど。

…誰かが分析してくださると信じて(怠惰)、昔「冷たい手」をお題に書いた文を載せようと思います。
これで愚弟は背中が痒くなったらしいが知るかそんなもん(ぶん投げ)
制作時間は一時間程度なので言葉の稚拙さはお察しということで。



*冷たい手

僕の手は冷たい。いや、別に自覚はないしどうでもいいんだけど。
だが今は残暑が続く季節で、自分の手は重宝する。常に冷えピタを持ち歩いているようなものだ。
「…だから、偶には恩返ししようと思ったんだよ」
「何が恩返しよ」
一緒に歩いていた少女はムスッと顔をしかめた。
この子とは幼稚園の頃からの付き合いだ。幼少期から周りに比べて女々しかった僕は、彼女とよく遊んでいた。
あやとりしたり、かぞくごっこでどっちが姉か兄かと喧嘩していたのは今では少し恥ずかしい思い出だ。
ところで彼女の手は温かい。
僕の短い人生の中で感じた誰のものよりも温かく、彼女の心をそのまま表したような手。
冬の寒い日はよく手を握ってもらったり、摩ってもらったりしていた。あんたアイス好きだからって食いすぎてんじゃないの?と悪態をつきながら、いつも優しく触れてくれた。
大事な、大好きな僕の親友。
そしてその親友は、ある日を境に僕の手を握らなくなった。
「今暑いじゃん、君の手はどうせまた天然カイロになってるんでしょ。冷やしてやる」
「失敬な…とにかく文字通りあんたの手は借りないわよ、天然保冷剤」
何かを踏み間違えたのだろうか、それとも彼女を傷つけるようなことをしたのだろうか。
冷たい僕に、温かい彼女はわからない。

あいつは何か誤解しているらしい。
何も彼は悪いことなんてしてない、これは私の問題だ。
小さい頃から私の遊びに付き合ってくれた彼の手はいつも冷たい。きっと内側が温かすぎて、熱が身体の端まで届かないんだ。彼以上に優しい人を私は知らないから。
夏の暑い日は勝手にあいつの手を頬にあてていた。苦笑して許されるのをいいことに、しょっちゅうやっていた。
いたこともないけれど、恋人よりも大切な親友。
ある日を境に私はあいつに触れなくなった。
彼の手は段々と強く関節が張った。ふわふわとした心地もどこかへと消えた。男の人になったんだと初めて思った。
思春期の私には好きな人くらいいる。今までだってそうだ。それでも彼だけは別枠の存在で、何を一緒にしても躊躇がなかった。
それでも、もう駄目だ。
硬く冷たい手に触れれば、私の手のひらは少しずつ冷やされていく。熱が終わりなく吸い込まれていく。
……彼の温度に染まる。
それに気が付き侵されていくような気持ちがして、急に怖くなった。今まで壊さずに保ち続けたものに泥を塗ると思った。
「…あんたも大人になりなさいよ」
「はぁ?」
何も踏み間違えたくなくて、彼を傷つけたくなくて。
温かい彼と、冷たい私。それだけにはなってはならない。

清らかに徒然に 〜季雲最大の危機(嘘)〜

最近かなり悩ましい事態に私は陥っています。
どうしてなのか自分でもよくわからないのですが…

現代文が読めない。

塾のテキストに載っている文章が最後まで読み切れない(強制されれば読めないこともないけど辛い)。あんなに教科書を先取りして読む人間だったのに…

本屋さんでもそうです。
前は新書を見て「面白そうだなー」とワクワクしつつお店を回っていたのに、最近はほぼスルーです。
キャッチコピーに全く魅力を感じないし、ちょっと手に取って後ろのあらすじを見て「あーこういう話なのね」で済んでしまう。

この前本屋さんに入って辛うじて購入したのは現代作家さんでも平安怪奇譚を取り扱った小説とみだれ髪でした。今は聖書(小説版)を読んでいます。
(何故か漫画は読めるし普通に買う)

古書店で買いだめした50円均一の心理学書や評論を乱読することもありますが、やはり以前の書籍の方が読みやすい気がします。

…受験の影響でしょうか?

何か勉強しなきゃと思いつつ英文や現文の精選集を広げて、「胃が痛いなあ…」と思いつつただ文章の前に座っていただけの直前期は自分でもどうして勉強しているのかわからず、「そもそも何で大学に行くんだっけ?」とあれこれ日が暮れるまで考えていたりしました。
正直浪人を決めた今でも自分が勉強する理由はよくわかっていません。東大を出ても「頭が良い」だけでは就職もままならないご時世、私は将来何をするべきなのか、何がしたいのか。

そんなことを思う内は、文章を読むことも苦痛でしかないのかもしれません。「文章を読む=勉強」なんてどこの刷り込みだよ…

母に言っても「問題は読めるようにしてね」としか返答してもらえませんでした。そりゃあ理系に文系脳を理解してもらうのが間違いでしたよ失礼しました(半ギレ)。

とにかく早く塾の授業が始まることを望みにするしかないようです。
息をすることと勉強することを同意義にすれば、文を読むことも造作なくなる筈ですから。
ただ、その時に文が私にとって以前と違う存在になっていないか。
それだけが不安です。

清らかに徒然に 〜いいから俺に機関士リンクを布教させろ〜

前回の続きですよ!

では大地の汽笛について…何から話そうかな?
取り敢えず世界観を知ってもらいましょうか。
(※ここからあらすじが入りますが、ゲームのプロローグを簡略化したものになります。ストーリー進行には問題ないと思いますが、ネタバレに該当する方は飛ばしてください)

*あらすじ*
小さな村の機関士見習いリンクは、一人前になる為にハイラル城の任命式を訪れます。そこでゼルダにこっそり手紙を渡されました。
「最近各地の線路が減っている。気がかりなので、線路の中心となる神の塔に向かいたい」というゼルダの希望で神の塔へ向かう2人。しかし突然線路が途絶えてしまい、更に神の塔が五つに割れてしまいます。
そこへ現れたのは大臣キマロキディーゴという謎の人物。なんとゼルダを襲い、身体と魂を分離させたのです。
神の塔に辿り着いた2人は、そこがかつて倒された魔王マラドーの魂を封印する場所であり、強い結界を形成するために各地に聖なる線路を張り巡らせていたこと、そして魂の器としてゼルダの身体が盗まれたことを知らされます。
霊となってしまったゼルダを助けるため、そして魔王復活を阻止するため、機関士リンクは剣士として歩み出します。

うーん上手くまとまってない、すみません…。ざっくり理解して頂ければ大丈夫です。


では次に、この作品ならではの特徴や魅力を語っていきたいと思います。

1.完成度の高いBGM
これは大地の汽笛をやったことがある多くの方が評価しているポイントです。
この作品では、前作のヒロインテトラから引き継がれてきた大地の笛がキーアイテムとなっています。また移動手段が汽車のためか疾走感を感じさせるメロディと笛の音が使われています。
ストリングスと大地の笛を組み合わせたかっこいい曲が多い上、それらはトゥーンリンクらしい素朴感もしっかり表現しています。
因みにゼルダを知らない小学生の私はCMで一目惚れしました。音楽さまさまである。

2.他作品には見られないゼルダ
海賊のお頭の血を引いているからでしょうか、ゼルダがなかなかに勇敢で積極的な性格です(ただ、ネズミや虫が苦手というお嬢様らしい一面も…)。
更に他作のゼルダはストーリーの初めで出逢い途中で再会という形が多いのですが、何せここの彼女は霊体です。いつもリンクの傍にいて、励まし合って知恵を出し合って冒険します。旅の相棒兼ヒロインという、ちょっと変わったお姫様に出逢えます。

3.タッチ操作で楽しく遊びやすい
私はトワイライトプリンセスをやった際に随分慣れるのに時間がかかりました。道具や視点の切り替え、剣の出し入れから歩くことまでWiiリモコンとヌンチャクで別々だからです(もちろん面白いし絵がすごく綺麗なので、シリアスが好みの方はトワプリ時のオカリナをオススメします)。
対して夢幻の砂時計大地の汽笛はDSソフトなので、操作がタッチで統一されていて動きが馴染みやすいです。
「息を吹きかけて風を起こす」「ゼルダに別の行動を指示する」「力比べは画面を高速スクラッチ」などDSらしいギミックも沢山あります。


こんなところかな?
あんまり言い出すとキリがないし長文過ぎると飽きちゃうからね、仕方ないね←既にブラウザバックされている可能性
これを機にゼルダシリーズ、そしてトゥーンリンクに興味を持って頂ければと思います。
最後に1個だけ

大地の汽笛は神作である(断言)。



*注意
前回、今回と使った画像はフリー画像検索で発掘したものを採用させて頂いています。
改めて調べましたが著作権って難しいですね…基本フリー素材以外は違反でありながら一般人は訴えられないとか、著作権相手にプラスになることなら訴えられにくいとか超グレーな話もあるとか。
皆さんも記事を書かれる際の画像転載には気をつけてくださいね!

清らかに徒然に 〜機関士リンクを布教したい今日このごろ〜

…何故だ。

何故に私の周りはトゥーンリンクはおろかそもそもゼルダをやっていない!?

というわけでちょっと今日は布教活動をしたいと思います。


まあゼルダを名前も知らない方は少ないと思いますが、一応ゼルダとは何ぞや?というところから始めます。

ゼルダの伝説とは任天堂様が開発・発売するアクションアドベンチャー、又はRPGのことを言います。
1作目は1986年という永きにわたって愛されるゲームシリーズです。剣のアクションと謎解きをしながらのダンジョン攻略は共通していますが、様々な作品が作られてきました。

私がプレイしたものとしては、時のオカリナ(3DS版)、トワイライトプリンセス(Wii版)風のタクトHD夢幻の砂時計大地の汽笛があります。では次に、初めに出したトゥーンリンクというものについて説明します。

先程色付けして区別していましたが、青色のゲームが該当します。主人公(リンク)は基本好青年なイケメンですが(トワプリはちょっとやんちゃっぽいけどそれでも男前度は半端ない)、そのリンクを3頭身サイズにした作品があります。彼らのことを猫目リンク、トゥーンリンクと言います。

理性的で写実的なフィールドが美しいゼルダシリーズですが、トゥーンリンクはキャラクターのコロコロと変わる表情や絵本のような色使いが可愛いく箱庭らしいのが特徴です。また全体的に難易度が低めなのでこれから入る人にもオススメ。


ではそれぞれについて詳しく説明していきましょう。

風のタクト:海賊の少女テトラをお頭とする船の一員(?)としてリンクは登場します。魔法の指揮棒を使って風向きを変えて海原を進みますが、WiiUに登場したことによりトゥーンリンクの中でも自然の広大さが際立ちます。

夢幻の砂時計:風のタクトの続編なので、同じキャラクターも多く登場します。姫としての一面を持つ少女テトラを救うため、海の男ラインバックと妖精シエラと冒険を繰り広げます。

大地の汽笛:夢幻の砂時計の100年後のストーリーで、ヒロインゼルダはテトラの玄孫になります。


…長くなってきてしまった。

次回は私が1番やり込んだ大地の汽笛を詳しく語っていこうと思います。