読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

局でひとり筆をとりて

普段は灰も被れないオタクよりの高校生が、硝子の靴ではなくキーボードと美しい文化を以て時には古典の世界を賞賛し、時には世間をぶった斬ります

清らかに徒然に 〜原稿作成では綺麗な日本語より聞き取りやすさを重視して言葉を選ぼうな?〜←誰に言うてんの

お久しぶりです( *´꒳`* )
今日は私の部活のことをちょっとお話しますね

私は今月後輩にバトンを渡した放送部の前部長であるわけなのですが…

生徒会の役員選挙の立会演説会に行ったら文芸部の後輩が2人立候補していてびっくりしました(人数ピッタリだったからそいつでいいか否か○×で意思表示するだけだったケド)
まあこちらとしては嬉しいことです
後輩が意欲的なことは大変よろしい上、顔見知りが生徒会にいればイベント時に放送部と生徒会が連携をとりやすいのですから

しかし演説中私は心穏やかではありませんでした。後輩の内の1人が噛み噛みだったのです。間違える度にすいません、と言うのですが、それもなんか失笑気味で……何というか…むかむかしていました。あとでお説教したのですが、今まで大勢の前に立って喋ることのなかった人が緊張するのは当たり前のことです。何が私を口煩くしたのか……その時の私の脳裏には、過去の部活での自分の失態がよぎっていました

校内五輪で頭が真っ白になり、何度もレーンとクラスの名前を間違えたことがありました。パニックの私を見かねて相棒が代わって言ってくれたのが本当に有難かったことを今でも覚えています。あのことを私はいつまでも悔いていました。今回の後輩に自分が重なったのだと思います

これに気付いた瞬間、私は放送部でずっとイベントのアナウンスをしてきたこと、少人数ながら楽しくぐだぐだと乗り切ってきたこと…これが自分にとってどれだけ大切で、かけがえのない時間であったかをハッキリと自覚しました。だからこそ無意識の内で後輩に対し反面教師ヅラをしたのだと。私が部長として部活に貢献したことはほぼほぼ無いと思いますが、部活は私にたくさんの大切なものをくれたようです

取り敢えず新入部員も2人来てくれたし、卒業まで部員としてゆっくりやっていこうと思います。実際あそこは私の家みたいなものだしね(笑)

清らかに徒然に 〜色塗りは楽しいぞ〜

お絵かきの好きな人には線画は出来るけど色塗りが苦手な人と、線画は苦手だけど色塗りは出来る人の2パターンがあると思います。私はどちらかと言うと色塗りの方が得意です

今日塾のテキストで扱われた書籍が色に関する論説だったので、私の色に対する考え方も含めて素人ながら色塗りについてお話します

私が色を塗る際にオススメしたい画材は、水彩色鉛筆クーピーです
何故かというと、この2つは色という概念を感じやすいと思うからです

皆さんは画材の色をどう見ていますか?
例えば私達が園児の頃、9色や12色いろえんぴつ又はクレパスなどを使って画用紙に絵を描いていたと思います
the原色の画材で物を表現することによって私達はこの世界の対象物を何色と言えば良いのかを学びました。でも今はそんなことする必要ありませんよね?

私は1つの物を一色で塗る必要はないと思いますし、色と色を混ぜるという考え方も一旦置いておくべきです
どういうことかというと、物を塗る時は光を重ねるイメージで塗るべきだと思うのです

そうですね、例を挙げると…
浅葱色ってご存知ですか?
ターコイズのようなどこか緑味を感じる水色に似た色です。新選組の羽織の色にも採用されています
しかし浅葱とは本来葱の新芽を表します。ということは緑味の青ではなく緑のはずなのです。これは何故か
私の考えですが…浅葱色とは、葱の新芽が朝日を受けて輝く色なのではないでしょうか?
なので太陽の優しい光、つまり黄身の加わった青(元来日本が形容詞的に使った色は赤黒白青なので、緑も青と言ったと思われる)
つまり全ての色は原色に光が入って出来るのです。それなら色塗りでもそれを意識して混色する必要がある

私が水彩色鉛筆とクーピーをすすめるのは、紙の上で色を重ねてもきちんと混ざるからです。つまり光を黄色(又はベースに準じた明るい色)、影を水色(又はベースに準じた暗い色)で表す

簡単に言うと
①ベースの色を薄く大雑把に塗る
②光の色、影の色を上から塗る
③更に光のイメージに合わせて違う色を重ねていく

この流れです。植物の場合はベースを塗る前に葉脈を水色でなぞっておくのもいいかもしれません
水彩色鉛筆ならベースが乾く前に芯の上で水筆を撫でて色を付けて重ねる、クーピーなら違う色を重ねる毎に消しゴムを軽くかけて下さい。自然と馴染んでいきます。最近は水筆に小さなタンクがついたタイプも安価で購入できるので、水入れを用意しなくても塗る度にティッシュで筆先を拭けば無駄な混色も防げます

お手本に出来るほど上手くありませんが私の絵を載せておきます

これはFate/Grand Orderというゲームのキャラクターで清姫といいます(元の伝説も面白いのですが、ここでは関係ないので割愛)
清姫の髪の毛ですが、私は最低でも4色使っています。緑っぽい髪色なので、ベースを作る為に褪せた青と黄緑、光(黄色)と影(水色)で一色ずつです
手前に黄色、バックに水色を多めに重ねることで立体的に見えると思います…多分(自信ないんかい)
あ、因みにこれ肌色使ってません。顔や首の影になる部分にオレンジ色を重ねると肌っぽくなります。ただし色白さんにしか使えないのでご注意を!

言い忘れていましたが、用意する画材は自然色をオススメします。黄色ではなく山吹色、橙色ではなく朱色…といった具合です
自然色は原色に光が既に加えられているので更に深い色を出せます
料理のお出汁と同じです。原色に合う光を沢山加えて味わい深い色を作ってみて下さい

あともう一つ個人的なことですが、キャラクターなどを描く際に元のイラストに頑張ってカラーを似せようと躍起になる必要はないと思います
あまりにも色が違わなければ問題ありません。ドラえもんを黄色で塗るとドラミちゃんに見えても、シアンだろうがコバルトだろうが群青色だろうが青で塗ればドラえもんに見えるからです。それより何色も使ってその場にドラえもんがいるような立体感を意識した方がクオリティは高く見えるはずです…多分(だから自信ないんかい)


芸術科でもない高校生がここまで書いてきましたがいかがでしょうか?
これが少しでも皆さんのお絵かきの参考になれば幸いです

清らかに徒然に 〜ネタバレの問題点と需要は紙一重ではなかろうか〜

※前置きが長いのでめんどくさい人は灰色の文字をカットして読んでください
中京大中京の放送部。活動部員5人と小規模になっていますが(今これ打ってて思ったけどショボいって小規模の略に感じる)、私の大事な場所です
私が部長(主な職務 : 愛する部員達の責任を全て背負うこと)を一応している訳なのですが…同学年が2人いて、少人数なのでしょっちゅう喋っています。度々私の序章ネタに利用されている相棒こと副部長と、弓を持つ姿が凛々しいジャズ好きな会計の女の子です
それで最近話していて思ったことを書きますね、いやー前置き長くてごめんなさいね

私と副部長はどーも共通した部分が多く、意見が自然と合致していることもあるのですが…どうしても相容れないと思うところがあります
彼は絶対にネタバレを許さない性分なのです
私がゲームの動画や二次創作を見てプレイしている物語進行より知識を先走ってくるとお説教されるのです←いや、本人は説教してないのかもしれないけど私はそう感じるんだ
一方私はネタバレを全く気にしません、会計ちゃんも同様です
この前に話していてすごく共感したのですが、私と会計ちゃんは、本を読み始めると途中で最後のページを見てしまう人間です。後書きを先に読むのではないですよ、物語のラストスパートを読んでしまうのです、それは何故か
私と彼女は自分が興味を持って読み始めた小説や漫画のキャラクターが後で理不尽な目に遭うことが怖いんです
例えば仲間が死ぬとか本人が死ぬとか…要するにBadEnd恐怖症です。自分が物語を愛しているからこそ、その結末が理不尽であることを恐れてしまう
でも副部長の方が確実に正統派だろうとも思うんですよね…。物語に真正面からちゃんと向き合っているのは間違いなく彼です

結局一つの物語と対峙する時、読者は何を望むのでしょうか?反対に物語や作家は読者に何をして欲しいのでしょう?
この永久ではない宇宙に生まれた奇跡の星の長い長い歴史の中で、偶然にも出逢った物語に対して短命な人間はどう敬意を表せばいいのか。こんな難題に、私は三途の川を渡り終える前に答えを示せるんですかねえ…いやそもそも渡し賃が足りないかもしれないぞ(笑)?地獄って閻魔帳以外に本あるのかな…

清らかに徒然に 〜東方空楼図鑑✿博麗霊夢・霧雨魔理沙〜

てなわけで1枚目です!やはり最初にこの2人を紹介せねばなりませんよね!


博麗霊夢

二つ名 : 楽園の素敵な巫女etc

テーマ曲 : 少女綺想曲 〜 Dream Battle etc

能力 : 空を飛ぶ程度の能力、霊気を操る程度の能力、博麗の巫女としての能力、人間としては異常な運や身体能力etc

外見 : 黒に近い茶髪、若しくは黒髪に大きなリボンを付けていて、二次元らしい巫女服を着ている。服装は赤で統一されていて、フリルの華やかな印象が強い。身長は少し高め

性格 : 素直で裏表がない。関わる者の人種や人柄に拘らないが、一方でそれらに一切の興味も持たないフェアにもほどがありすぎる性格。その分付き合いやすくはあるかもしれない
二次創作ではこのような性格の一方、ゆっくりなどではやたらボケに回っていたりもする

種族・職業 : 博麗神社の巫女として主に異変を起こす妖怪の退治を行っている。しかし情熱を持って仕事をしている訳では無いので、祀られている神様が何者かわからない程度の知識しかない。反面賽銭を無性に欲しがったり副業をしたりと収入に直結する部分は熱心になることもある(結果に繋がるとは言ってない)

アメリカ人顔負けの合理性を持ち合わせていながら人を惹き付ける不思議な巫女さんで人気も高い主人公の1人。この子を嫌いな人なんていないのでは?


霧雨魔理沙

二つ名 : 普通の魔法使いetc

テーマ曲 : 恋色マスタースパークetc

能力 : 魔法を使う程度の能力、技を学習利用する程度の能力etc

外見 : 金髪をひと房三つ編みにし大きな帽子を被った魔女そのままの出で立ちで、空を飛ぶ際には常に箒を使う。身長はやや低め

性格 : ひねくれていてずる賢いところもあるが基本は勤勉な努力家。燃料のキノコを集め歩いたり魔法の研究をまとめたりと真面目だが、その努力を隠すかのように自信に溢れた余裕ぶった態度をとる。喋り方は語尾が「〜ぜ」だったりと男勝りな印象
二次創作ではそれに加えて泣き虫であったり、ゆっくりでは霊夢にツッコミを入れるなど完全に役が入れ替わっている

種族・職業 : 魔法使いではなく、魔法を使いこなす人間なのでお腹も空くし不老不死でもない。魔法店(何でも屋)を経営してはいるが、店番はほぼしていないし森の深くにあるので殆ど役目を果たしていない。それよりも「借りてくぜ」と泥棒をしたり博麗神社にくる依頼を勝手に引き受けて仕事をしてくることに精を出している。本人の自称考古学者とは墓泥棒のことを指している

霊夢ちゃんの仲良しさんといえば彼女のイメージが強いですよね、「派手でなければ魔法じゃない。弾幕は火力だぜ」が有名かな?
お友達も楽しい子ばかりなのでこれから紹介していきたいですね


…結構大変だなこれ。思ったよりペース遅いかも←何の為にやってるんだ
次回は人気キャラの多い紅魔郷からキャラクターを紹介しますね( *´꒳`* )

清らかに徒然に 〜東方空楼図鑑Ø枚目〜


✿これはワタクシ季雲納言が自分が紹介したい東方キャラを大雑把にまとめていくものです
にわか知識なので原作と二次創作が混同している可能性大です。出来るだけ気を付けますが、殆ど東方を知らない人向けだと思って下さい、一見さん大歓迎!というかそれしか来るな!!!!!

最近更新ペースが落ちている、しかしネタがないし時間はない!
そんな私はふと自分が好きな東方のキャラクターをまとめるという超怠惰な記事作成を思い付きました…その結果がこれでございます
空楼で『くうろ』と読んで下さい、空中に楼閣を描くくらいグダグダで具体性のないという意味ですよ!(つまり上の桜マーク参照)

ところでこの記事では画像を一切使用しないことにしました。pixivさんには素敵な絵が沢山ありますが、調べると色々転載の手順が面倒くさく危なっかしいとわかったので(。-∀-)
自分の気に入ったキャラクターが東方キャラだった場合の辞書代わりという認識でお願いします

清らかに徒然に ~日本人諸君、口のききかたには気をつけよう、な?(黒笑)〜

流行語大賞決定したそうですね
世間の人が何言ってるかなんてさほど興味もないので詳しくは知らないんですけど(自分の言いたいこと喋ってればいいもん)

なーんか、随分と薄汚れてません?
特定の物事、人物を中傷する言葉が多いように思います

いや、べつに私は「人の悪口は慎んで良い子でいましょうね」とか言いたいわけではないんですよ。ガス抜きしないとこのご時世はやってけませんから、まあ方法によりますけど(。-∀-)

ただ、「仕方ないよね」とするのはともかく「たくさん言おうね」とは言ってない。ネットでみんなが喋ってれば自分も言っていいんですか?どれだけの人数で渡ろうとも赤信号の色は赤のまんまなんですよ

穢らわしい言葉に本心からなのかもわかんないニコニコした笑顔の人が賞を与えるとか地獄絵図じゃねえか!!!!!授与者お面でも付けてんのか!?

「流行した言葉をランキングしてるだけなんだからそんなカッカしなくても」とか思う人もいらっしゃるでしょうけど、問題は大々的にやっていることにあります

あんな誰でもテレビとかネットで見られるような場所でやってしまってはみんな知るでしょう!言葉の分別がつかない小さい子にも!!!!!
そこら辺を元気いっぱいに走る微笑ましい小学生が「死ね」とか「不倫」とかいう言葉を使っているのは絶対問題!その時には冗談でも、キチンと大きくなる前に矯正しないと日本語力の乏しい学生だらけになります(ここでの日本語力とはボキャブラリーの量ではなく、社会的に正しく言葉を話せるか、です)

言葉とは、肌の接触以外で人間同士を繋ぎ止める方法の代表です
獲物を得た喜び、危険を感じた恐怖を共有するためのものから、人間の多種多様な感情を如何に色彩豊かに、美しく表現するものへと進化してきました
ある意味「マジ」や「ガチ」はどんな場面でも自分の感じた事柄への本気度を示す事のできる現代が生み出した立派な言葉です。連呼するのもどうかとは思うけど

みなさん、もっと日本語を大切にしましょう。ここまで人間が五感全てを駆使して感じた地球への愛情を表した言語もなかなかないだろうと私は思います(大して他の国の言葉知らないけど)
…それこそ日本、マジで堕ちますよ?

清らかに徒然に 〜ちょっとベタですけど聞いてほしい人がいるから我慢してね〜

 

修学旅行が迫ってきました

高校生活最大のイベントといっても過言ではないこの三泊四日を前に、私は少しだけ昔を振り返ってみました

 

もし

私が中京大中京を選んでいなかったら

今何をしていたんだろうか?

 

 

きっとそれなりに学校を楽しんでいただろうし、部活も違ったかもしれないし、もしかしたら甘酸っぱい経験もしていたかもしれないけど

私が中京を選んで得た生活には及ばないような、どうしてもそんな気がするんです

 

1年の時は知人と学校の偏差値を比べられたり、私はここで良かったんだろうかと思うこともありました。でも今はむしゃくしゃすることもなくなりました。その代わりにむしゃくしゃすることは別に出来たけど(笑)まあそれもある意味では縁でしょう

 

私、高校で「この人がいてくれて良かった」と思える人を数えてみました

そして、途中で止めました。数にするのが野暮に感じるくらい沢山いたんです

しかもその人たちもいくつかの進路先の中から、第一志望を逃したり推薦を貰ったり、様々な理由で中京に来て、成績によって放り込まれた教室がおんなじで…そこの友達と入った部活でまた出会いが増えて

 

運命もいいところだわ。私は幸せすぎじゃないだろうか

馬鹿馬鹿しいことで笑ったり、気に入らない態度に顔をしかめ合ったり、言葉の選び方や人柄の素敵さにドキリとさせられる。この生活がまだ長いと言えない時期にまで迫ってきているなんて信じられない

 

色々ここまで書いてきたし、これを現中京生で見られるのはせいぜい2人だけれど、取り敢えず私は自分とお揃いのブレザーを着た素敵な群衆に向かって一言述べたい…というか叫びたい

 

これからもだいすきでいさせてください

 

 

 

…はー甘い、ベタ甘すぎる。今食ってるドーナツより甘いわ。こんなだから私の文章はいつも単調なのよ

その単調さを好きでいてくれる人もいるけどね

 

f:id:kikumonagon:20161104221536j:image