読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

局でひとり筆をとりて

普段は灰も被れないオタクよりの高校生が、硝子の靴ではなくキーボードと美しい文化を以て時には古典の世界を賞賛し、時には世間をぶった斬ります

清らかに徒然に ~前回の執筆の詳細というか設定について~

まだまだ作文が下手くそで申し訳ありません・・・。偶には自分で読み返して推敲していこうと思っています。

 

さて、あの話ですが・・・。

言うまでもなく、私の大好きな清少納言藤原行成を使おうと思い立った為、登場人物の設定がああなりました。

 

清花(サヤカ)ちゃんは清原諾子って本名を使ってもよかったのですが・・・。

私は、あの二人は別にフルネームで設定しなくてもいいかな?と執筆を思い立った時点で思っていました。

これから続編が投稿される可能性は高いですが、二人が居合わせて語り合うのはきっと二人きりの状態でしかないだろうなと。よって、他の生徒達が大量に登場する訳でもないのにわざわざ名字まで設定上に組み込む意味があるのかな?と。

よって名前だけになったのですが、個人的にどうしても清少納言の「」の字を名前にしてあげたかったのです。

その方が清女が元だとわかりやすいし、彼女の素直なサッパリとした性格にはこの漢字が合いますから。

行成(ユキナリ)君は・・・非常にやりづらかったので、そのまま下の名前だけ抜き出しました。手抜きではありませんよ(汗)!?

 

おおまかな私の中での背景としては、高校に入学して二、三ヶ月・・・というイメージです。行成君は入学式から一ヶ月くらいで転校してきた・・・と勝手に想像してます。因みに特に複雑な事情があるとかないとかの設定はしてません(笑)。あったとしても、本人はそれを語らなさそうですから(笑)。

 

はあ・・・こうして私の妄想劇は幕を開けてしまったのです・・・。

これで私がどんな女の子になりたいか、そしてどんな男の子が好きなのかが思いっきり露出したわけでありまして・・・。

 

あの二人はいくらでも弄って頂いて結構ですが、執筆者についてはそっとしておいて下さい・・・。