局でひとり筆をとりて

普段は灰も被れないオタクよりの高校生が、硝子の靴ではなくキーボードと美しい文化を以て時には古典の世界を賞賛し、時には世間をぶった斬ります

清らかに徒然に ~前回の執筆の詳細というか設定についてpart.4~

 

くそー伊織ちゃん出したかった!なかなか上手くいかないもんですねえ・・・。

 

シェイクスピアの喜劇は大好きです。悲劇も読むけどあんまし好みじゃない、うん。

夏の夜の夢とじゃじゃ馬慣らしは実際に私のお気に入りの劇ですが、シェイクスピアって悲劇ばっかし目立つんですよねえ・・・特に四大悲劇とロミジュリが。

四大悲劇の中でもリア王は壮大でカッコいいのですが・・・ちょっとグロかったり生々しかったり。主要人物殆どあの世いきだし。

やっぱり喜劇をおすすめします。上で言ってる二作とあとヴェニスの商人とかかな?

 

シェイクスピアはお堅いイメージがあるかもしれませんが全然そんなことありません。

確かに言い回しは古めかしいですが、当時は読み書きのできない身分でも娯楽を楽しめたイギリスです。内容はそれ程難しくなく読めます。史劇を選ばなければ大抵失敗しません。そもそも本人が年上の女性とできちゃった婚してる時点で厳格な人じゃないんで。

 

最近この小説のネタが浮かばずスランプに陥っています。

使用する文学作品について何かアイデアがあれば教えて下さい。コメントから受け付けマクベス。←おい