局でひとり筆をとりて

普段は灰も被れないオタクよりの高校生が、硝子の靴ではなくキーボードと美しい文化を以て時には古典の世界を賞賛し、時には世間をぶった斬ります

清らかに徒然に 〜今度源氏の10巻セット買います〜←本文とは一切関係ない

…にょきっ(出現効果音)

久々に来ました。どうしても来たかったんです
まあなんか最近一浪してもいいんじゃないかとか(親の影響もあって)思い始めたんですが…勿論自分なりに一応勉強してるつもりですし、私は腐っても受験生です。でも気になったことがあったので来ました


よく『〇〇が運命の人』って文句あるじゃないですか、あれがどうも引っかかって…何か変な言葉じゃないですか?

例えばですけど、〇型のあなたは☆型の人が運命の人ですって言ったとします。でもそれなら世の中の人は自分から必ずどの血液型の子供が生まれてくるか100%予測できるってことですよね?
占いで△△な人が運命の人って言われたからって1人の運命の人が△△なのであって、△△な特徴の人全てが運命の人なわけではない…

…そこのあなた。なんか言い出したらキリのないタラレバが始まったなと思いましたね?思いましたよね?←決めつけ

まあ、↑のEXは言ってみただけであまり意味を成しません

じゃあ私が結局何が言いたいかっていうと


『一緒にいたいと思った人が運命の人』でいいんじゃないの?ということです
この人が好きだ、そう思ったら全力でそうすればいい。もし他に好きな人が現れたらもっと全霊をかけて好きでいればいい。そしてその度に自分がどう変わればいいのか考えればいい


だって人生という大きな観点で見た場合、その人が自分を人間として成長させてくれるのなら、ある意味全員運命の人じゃないですか?