局でひとり筆をとりて

普段は灰も被れないオタクよりの高校生が、硝子の靴ではなくキーボードと美しい文化を以て時には古典の世界を賞賛し、時には世間をぶった斬ります

清らかに徒然に 〜もういっそなしでよくない?〜

東京行きの新幹線の中です。受験なので。
合格の見込みはないですが2回受けます。今は1回目。

最近心身共にやばいけど勉強してないと色々言われるので、日本史を広げた状態でYouTubeを聴き流ししていることが多いです。


それで、動画のコメント欄なんですけど…ね?

あれ要らなくね?

正直不毛なものが多過ぎます。

例えば私のよくお世話になる「ゆっくり実況」。うp主が東方モチーフのキャラクター「饅頭」に台詞を吹き込むことで実況させるスタイルの動画です。
そういう動画のコメント欄には大体「(キャラ名)うざい」「(キャラ名)〇ね」というコメントがあります。あれはうp主が動画が面白くなるようにキャラクターの性格を考えて台詞を入れているのであって、実際(キャラ名)が言っているのではないのだから理不尽にもほどがある話です。そもそも自分が生理的に受け付けられないことを理由に書いていい言葉ではありません。

また私が他によくお世話になるのが「弾いてみた」系の動画です。これはまあ、言わなくても内容は何となくわかるでしょう。
ここでよく目に付くのは「ドヤ顔やめろ」「こっち見るな」です。
まあ投稿者がカメラを見るか否かは人によりますが、コメント主には「お前の為に見てやってんじゃねえよ調子乗んな黙れ」と言ってやりたいところです。楽器を弾いている時は集中するため自然と真顔になることもよくあるし凛々しい顔になることもあるので、ドヤ顔もしたくてしているわけではありません。顔を見せたいのではなくて曲をまず聴いて欲しいわけだし。

コメント欄ってうp主が動画作成の参考にできるように感想を書く場所ですよね?どうしてあんなに非難を通り越した馬鹿丸出しの悪口や図々しい要望で溢れているんでしょうか。何か言いたいならSNSでも使えばいいのに。そんな悲しいことして共感を貰わないと満足出来ないほど友達がいないわけでもあるまいし。
私はチャンネル登録をうp主の編集技術ではなく、登録者数に比べいかにアンチが少ないかで決めています。動画を観た後にコメント欄で興ざめしたくないですから。

だからもう、動画の感想はTwitterでも使ってうp主に報告すればいいんじゃないですかね?
どう思うかは自由だけど他者を巻き込まないでほしいわ。

…これも私が読者の大して多くない地味なブログだからズケズケと言えるんだよなあ。いじめられるのが一番苦手だからね。