局でひとり筆をとりて

普段は灰も被れないオタクよりの高校生が、硝子の靴ではなくキーボードと美しい文化を以て時には古典の世界を賞賛し、時には世間をぶった斬ります

清らかに徒然に 〜機関士リンクを布教したい今日このごろ〜

…何故だ。

何故に私の周りはトゥーンリンクはおろかそもそもゼルダをやっていない!?

というわけでちょっと今日は布教活動をしたいと思います。


まあゼルダを名前も知らない方は少ないと思いますが、一応ゼルダとは何ぞや?というところから始めます。

ゼルダの伝説とは任天堂様が開発・発売するアクションアドベンチャー、又はRPGのことを言います。
1作目は1986年という永きにわたって愛されるゲームシリーズです。剣のアクションと謎解きをしながらのダンジョン攻略は共通していますが、様々な作品が作られてきました。

私がプレイしたものとしては、時のオカリナ(3DS版)、トワイライトプリンセス(Wii版)風のタクトHD夢幻の砂時計大地の汽笛があります。では次に、初めに出したトゥーンリンクというものについて説明します。

先程色付けして区別していましたが、青色のゲームが該当します。主人公(リンク)は基本好青年なイケメンですが(トワプリはちょっとやんちゃっぽいけどそれでも男前度は半端ない)、そのリンクを3頭身サイズにした作品があります。彼らのことを猫目リンク、トゥーンリンクと言います。

理性的で写実的なフィールドが美しいゼルダシリーズですが、トゥーンリンクはキャラクターのコロコロと変わる表情や絵本のような色使いが可愛いく箱庭らしいのが特徴です。また全体的に難易度が低めなのでこれから入る人にもオススメ。


ではそれぞれについて詳しく説明していきましょう。

風のタクト:海賊の少女テトラをお頭とする船の一員(?)としてリンクは登場します。魔法の指揮棒を使って風向きを変えて海原を進みますが、WiiUに登場したことによりトゥーンリンクの中でも自然の広大さが際立ちます。

夢幻の砂時計:風のタクトの続編なので、同じキャラクターも多く登場します。姫としての一面を持つ少女テトラを救うため、海の男ラインバックと妖精シエラと冒険を繰り広げます。

大地の汽笛:夢幻の砂時計の100年後のストーリーで、ヒロインゼルダはテトラの玄孫になります。


…長くなってきてしまった。

次回は私が1番やり込んだ大地の汽笛を詳しく語っていこうと思います。