局でひとり筆をとりて

普段は灰も被れないオタクよりの高校生が、硝子の靴ではなくキーボードと美しい文化を以て時には古典の世界を賞賛し、時には世間をぶった斬ります

清らかに徒然に 〜放っておく優しさがほしい〜

ちょっと忙しいので手短に済ませますね。

最近Twitterを見る機会が増えたのですが、「○○で言っていた意見についてだけど〜」「ここでこんな炎上が起きたんだけど〜」というツイートが飛んでくることがあります。

かなりのいいねやRTをされています。大抵は下らない発言や炎上に対する正論が書いてあるのですが…

正直、当然のことなんですよね?
ペットショップで猫買うより里親になれだの言われたって「飼うことが義務な訳じゃないんだから欲しいと思った子と暮らせばいい」で済むんですよ。YouTuberさんがペットショップに行ったことに対して叩かれたらしいのですが。猫ちゃんだって「もっとこんな子が良かったのに…」て思われながら飼われたくないですよ。
でもこれはみんなわかっていることで、事実沢山のいいねとRTをされているんです。

日本人そこまで馬鹿ばっかじゃないですよ。

きっとその馬鹿な発言をする人達は心が荒んでいるんです。職場で辛いことがあったとか、誰かと理不尽な理由で喧嘩したとか、その程度のことなんです(多分だけど)。
どうしようもなくて、匿名を武器に罪のない人を傷つける。八つ当たりでしかないんです。

だから馬鹿を見ても、私はわざわざ訂正しないでそっとしてあげればいいと思います。誰も相手にしなければ、きっとそのうち頭を冷やしてくれますよ。


…まあ、そもそも人を諌めるって私はあまり好きではないんです。
自分が今まで一切悪いことをせずに育ったわけでもないのに、見知らぬ人の過失を突きつけて責め立てるなんて傲慢もいいところじゃないかって。観音様でも閻魔様でもないのに。

だから結局のところ、当然に対して気まぐれに抗う馬鹿にも、当然を当然のこととして発言する善意にも興味ないし、期待していないんですけどね。


悪い子もいい子も納得のいかない我儘な話でした。